表現教育

表現教育 演技から語学まで

[演劇学会2015.6]  [会話と演劇教育]   [ワークショップ@川西町]

大学の授業では英会話を含む「表現系」の英語を担当することが多いのですが、イギリス/アメリカのドラマを専攻してきたこともあって、演劇のワークショップで実践している方法を応用しています。 

表現学習においては「話したい/聴きたい」というモチベーションを高めるため、関係性や目的をリアルに想定しないといけません。会話作りとは状況把握に端を発し、情報交換や質疑応答の必然を保つ練習です。